電子技法提唱者 越智 崇至 先生

 

電子技法は、大宇宙・自然界(=神)の法則に従ってものごとを処理するためのわざと正しいすじみちのことです。

大宇宙・自然界(=神)の法則を基本として、越智崇先生によって組み立てられ提唱された技術と方法です。

人間をはじめ万物の心と体(性質と状態)を健康正常に安定させることによって人類の真の幸せを実現しようとしています。

 

 詳しくは電子技法提唱の趣旨を熟読ください。


電子技法提唱の趣旨

 古来より、人々は「幸せな人生」を送りたいと願ってきた。人類の長い歴史は「幸せな社会・

幸せな人生」という目標に向かって一歩でも近づこうと衣食住の確保、自由や平等、そしてより

以上の便利さ、快適さなどを追い求めて、必死で工夫と努力を積み重ね戦ってきた足跡であろう。

中でも、ことに近年めざましい進展を遂げてきた科学技術は、人類にとって計り知れない多大の

貢献をし、人類の”悲願”達成も間近かと思われた。

 

 ところが、この科学技術、産業の発展に伴う”エントロピー”の加速度的増大は人々の予測を

はるかに超え、現代社会に大きな不安と混乱を引き起こし、しかもそれは年々増大している。

このように大地、水、大気に及ぶ地球的規模の環境汚染という結果を招き、「人類はいま存亡の

岐路に立たされている」と言われるまでになってきた現代文明の破綻の原因は何かー。

 

 温故知新ーー先人は、故きを温ねて新しきを知る、という知恵を残してくれている。

その教えに従って、人類の歩みを冷静に振り返ってみると、そこにはっきりと原因が見えてくる。

すなわち人類は自分の都合によって、偉大なる自然の法則を無視し、ねじ曲げるなど、

無知からとはいえ違反してきた。これである。

 

 換言すれば、科学技術は短時日のうちに急速に進展し輝かしい実績を次々にあげてきたのであるが、

皮肉にもその実績ゆえに人々は科学技術を万能と見、妄信することとなり、いつの間にか

それに全面的に頼ってしまうという依存的習性(体質)にどっぷりと浸ってしまった。

しかもこのことによって更に一層、科学技術という分野のみが突出的に進展しとどまる所を知らぬかの

如き現況のとおりである。このために人類をはじめ動植物、大地、水、大気に至るまで”地球という

自然生命体”のバランスが崩れてしまったのである。では、「人類の危機」と言われる

この不安と混乱の現状、暗黒のあすを大転換させ、人類も地球も立ち直ることができるのか。

 

 できる!。このときにあたり、これらを根本的に解消し、輝かしい未来・真に幸せな社会と

人生を実現することができると実証された電子技法を提唱する。

 

 電子技法とは、師である内生蔵長一郎先生から電子物性について手ほどきを受け、大宇宙・

自然界(=神)の法則を基として組み立てた技法であり、中でも最も根元的な酸化還元の法則を

基本とし、あらゆる物質の存在並びにその性質、状態に大きくかかわっている電子の離脱・付加の

定義に基づいて、とくに電子を積極的に付加、貯蔵(還元)する技術と方法である。

 

 ところで、古来より人々が求め続けてきた「人間の真の幸せ」とは何か。まず健康、そして

子孫繁栄、長生き、安心、平和な社会…等の条件が満たされ、充実した生きがいのある人生を

送ること、と言えよう。電子技法は中でも「健康こそ永遠に人間の幸せの根底であり、その健康を

左右するのは食べものと水と環境である」との見解をとる。そしてこの技法は、炭素、水、空気という

自然物を活用することにより自然環境を正常化し、人間をはじめ全ての動植物生理及び心を

正常健康にするのみならず、無生物の存在と性質を安定正常正常化させ得る技法であり、

大宇宙・自然界の技法であるこの電子技法を広く社会に普及することによって、人類出現以来の

悲願「真に幸せな社会・人生」を実現せんとするものである。


safety-foods

電子技法は健康につながる安全な食糧生産の

実践研究の技術指導をしています。

その生産物を電子食品と呼んでいます。

 

SAFETY-FOODSマークは電子食品と認められた

ものに貼られています。

 

安心のしるし。

電子食品のしるし。


炭素埋設・タンマイ

地球は大きな磁石になっていて方位があり、

自転(回転)することで微弱な地電流が発生し

流れています。

炭素埋設は電子技法カーボン(集電子効果のある木炭粉末)を土の中に埋め込むことで地電流の流れをよくして、磁場の電位を高揚させることで、植物や動物が元気でよく育つ環境となり、その効果は永続します。

電子技法中央協議会は、40年以上の実証事例を積み重ねており、全国各地で炭素埋設を推進しています。


電子エネルギー水

 

電子エネルギー水を活用します。

 

碍子(白い磁器)で絶縁したステンレスタンクにエレクトロチャージャー(電子発生装置)

で電子を発生させ充電して作ります。

 

出来上がった電子エネルギー水を下の貯水タンクに落とし常時使えるようにしています。


電子技法栽培

目標:農薬、化学肥料を使わず安全でおいしい

    農産物をつくる。

基本:環境を整え、作物を健康に育てる。

方針:消費者が安心して食べられるおいしい

    食べ物をつくる。

方法:炭、水、空気を段階的に活用する。

 

ポイント:植物を健康にする(植物体内の水を良くする)

1、土壌の水を良くする(団粒化)

2、根(毛細根)を多くする。

3、光合成を活発にする(炭素量を多くする)


 

電子技法を取り入れているまるみ麹本店さん。

 

http://marumikouji.jp/

 

猪谷農産のゆず味噌はここの糀みそと甘酒が原料です。


電子技法を取り入れている寺田本家さん。

 

http://www.teradahonke.co.jp/

 

醗酵のことなどいろいろ教えていただいています。